保育内容

四季の行事

クラス紹介

行事便り

クラス便り

 

クラス便り 2018年 12月号 から

つぼみ〈0歳児〉

 

たんぽぽ〈2歳児〉

 

そら〈3,4,5歳児〉

2018年12月そらごっこ遊びが終わりました!子どもたちは、自分のクラスはもちろんですが、他のクラスへ行く事も、とても楽しんでいました。アイスクリーム屋さんやマクドナルド、お花屋さんなどで買い物を楽しんだり、いろいろな魚を見て、鮫の口に入る展示や人魚になってイルカに乗れる水族館やお化け屋敷やお家の迷路など何度も行き来していました。お客さんになるだけではありません。お店の人になり「いらっしゃいませ~」と威勢のいい声を出してお客さんを呼んでいました。自分たちで考え協力して作っていきますが、はじめの方は遊びがちな子たちもいました。しかし、形になっていくと早く遊びたい気持ちがでてきて、楽しみながら取り組んでいくほうが大きくなっていく姿がありました。2018年12月そら2
ごっこ遊びが終わって、どこに行き何を買ってきたのか、みんなで見せあいました。楽しかったのがあふれんばかりの表情でした。「たのしかった~!」「つきぐみのすいぞくかんにいってきました」「あいすくりーむでしょ~」「おすしでしょ~」「おばけやしきたのしかった」「まくどなるど」と子どもたちは、発表していました。
帰りの集まりの時に、「仕事をしている人はお給料というのをもらえるんだよ」など、子どもたちに話をして、くじ引き屋さん、アイスクリームやさん、だいくやさんで得た利益をみんなのお給料として還元しました。嬉しそうに、少し緊張した感じで「ありがとうございます」と受け取っていました。「こんなにはいってる~」「おさいふにいれておこう。またなにか、かおうかな」と話していた子どもたちでした。

~だいくやさん~ 製作中のエピソードをご紹介します。2018年12月そら3
家作りが始まり少しして、H、Y、Uくんが遊んでいる。保「とうりょう!(Tくんに)3人がサボってますよ!!若い者に仕事を教えてあげないと」と声をかける。棟梁って何?のやり取りを経て…。
Tくん「Hくんきて、この仕事やってもらうから」とそれぞれ仕事を振り分けていたが、しばらくしてまた、遊んでいる3人。2回位Tくんに声をかけてもらったが、またまた遊んでいた。
保「別のお仕事がありますので、きてください」と連れて行く。怒られると思ったようで「やだやだ」と言っていた。椅子に座ってもらい、自分の財布を作ってもらう。安心したようで、何で財布作るんだっけ?の問いかけに、自身満々に答えていた。
財布が出来上がったところに、だいくやさんの仕事で、外壁をロフトに取り付けるという作業に取りかかっていた。また、大工の仕事に戻るよう声をかけて、どんな手伝いをするのかTくんに声をかけてもらい、少し見守るようにした。④がおさえて、⑤がロフトに三つ編みをくくりつけていた。 2018年12月そら4

楽しんで作っていたけど、ほかの事もしたい3人でしたが、ひと呼吸おいて違うことをし、だいくやさんに戻ると気持ちを切り替えていました。こうやって少しずつ、みんなで力を合わせて作っていきました。自分でやりたいと意欲を持って取り組むことへは、ゆりさんになったら責任をもっていけるようにしていきたいと思います。12月は寒さに負けず元気に戸外活動に取り組んだり、室内遊びの充実をしていきたいと思います。

担任が復帰するまでの期間、そらぐみに入ります。子どもたちと思いっきり身体を動かし、笑い楽しんで過ごしたいと思います。よろしくお願いします。